株式会社P2GRAM/行政書士eねっと事務所


-各種の認定支援機関-

株式会社P2GRAM(認定情報処理支援機関)/ 行政書士eねっと事務所( 認定経営革新等支援機関)は、 補助金などの行政サービスデジタル技術の活用を通じて、開業資金などの資金繰りや生産性向上に寄与するサービスを提供しています。

サービス内容

ご状況に応じて必要な支援のみご提案。

step1 (新事業の約1年~6ヶ月前)

経営強化法関連の各種手続きを支援

経営革新計画、経営力向上計画など
このようなお困りごとを解消します。
  • 開業資金に補助金を活用したい
  • 開業資金に低金利融資を活用したい
  • 事業アイデアの絞込みに迷っている
  • 事業アイデアを具現化することが難しい
  • 事業計画書を書く時間が無い
  • 申請が大変そうで不安がある
例えば、経営革新計画の承認を受けると....
  • 信用保証の特例
  • 日本政策金融公庫の特別利率による融資制度
  • 高度化融資制度(共同事業なら)
  • 食品等流通合理化促進機構による債務保証
  • 海外展開に伴う資金調達の支援措置
  • 投資を受ける
  • 販路開拓を行う場合の支援措置
  • その他 補助金申請時の加点など
詳しく見る
step12
[診断] 経営革新
step2(新事業の約6ヶ月~1ヶ月前)

補助金の各種手続きを支援

事業再構築補助金、ものづくり補助金などの各種補助金
このようなお困りごとを解消します。
  • 事業アイデアの絞込みに迷っている
  • 事業アイデアを具現化することが難しい
  • 補助事業計画書の書き方が分からない
  • 採択後の各種手続きに不安がある
このような場面でご活用ください。
  • 新たな機械を導入して生産性を高める時
  • 新たなITシステムを導入して生産性を高める時
  • 新たな販売方法のため設備投資を行う時
  • 新商品を開発する時
  • など・・
詳しく見る
step21 step21
step3

デジタルを活用した効率化試作

DX、経営力向上計画など
このようなお困りごとを解消します。
  • デジタルを活用して効率化したいが費用面に不安がある
  • 社員数が少ないので改善効果額と費用額が釣り合わない

費用構造を分析

step31

赤枠で示したプランをご提案

step32

まずは、低予算で業務手順を試す。 新業務手順が定着後に更なる効率化を目指す場合は、自社専用システム導入の「本格開発」を検討する。

step33

詳しく見る

お知らせ& ニュース
2024年2月8日 経営革新チェックリスト追加
2024年1月19日 伴走型の補助金支援サービス